診療時間
午前診 診療可 診療可 診療可 診療可 診療可 診療可
午後診
夜間診 診療可 診療不可 診療可 診療可 診療可 診療不可

※予約のみ(初めて受診される方も受け付けています)

受付時間: 9:15~12:00
16:15〜18:30
休診日: 日曜日、祝日
ご予約・お問い合わせ
072-627-9876

成人の発達障害

発達障害とは?

発達障害は脳機能の発達の遅れやアンバランスさが原因で、職場などの生活環境や人間関係に不具合が生まれ、社会生活に困難が発生する病気のことです。発達障害は周囲からの理解を得られず、誤った解釈や批判を受けたりすることも少なくありません。発達障害の代表的なものとして、ADHD(注意欠陥多動性障害)とASD(自閉症スペクトラム障害)があります。

ADHD(注意欠陥多動性障害)とは?

ADHDは次の3つの症状が特徴です。
<不注意(集中が続かない):特定の物事に注意をとどめておくことが難しい

多動性

落ち着きがない、1カ所に留まってられない

衝動性

様々な刺激に対して反射的に反応してしまう

小児期以降の成長の過程で発症し、女性よりも男性に多い傾向にあり、近年では成人の患者様も多く受診されています。

ADHD(注意欠陥多動性障害)の主な症状

ADHDは主に以下のような症状が現れます。
・仕事にミスが多い
・計画通りに仕事を進めることができない
・整理整頓ができない
・思ったことを口にすぐ出してしまう
・集中が続かない、あきっぽい

ADHDの治療方法

ADHDの治療では、まず診断が重要です(十分な生育歴の確認と心理検査を実施します)。診断確定後は各症状の具体的な対処法のアドバイスを行い、薬物治療、カウンセリング、デイケアなどを組み合わせて治療を行います。

ASDとは?

ASD(自閉症スペクトラム障害)はコミュニケーション能力や社会性など対人関係を構築していくことがうまくいかなかったり、特定の対象に対する強い興味(こだわり)から日常生活に支障を生じてしまうことが特徴です。
ASDは決して珍しいものではなく、近年になって世の中の認知度も高くなり、受診される患者様も多くなっています。

ASDの主な症状

ASDは主に以下のような症状が現れます。
・明確な指示がないと動けない
・会話のテンポが合わない、表情が読み取れない
・曖昧なことを理解できない、ほどほど感が分からない
・好きなことは永遠とやり続けてしまう、話し続けてしまう
・自分が興味のないことは頑なに手を出そうとしない
・聴覚、嗅覚、視覚、触覚の過敏性
・見通しの立たないことへの過剰な不安、易刺激性
・急な変更にうまく対応できない

当院での発達障害に対する治療

ASDの治療では、まず診断が重要です(十分な生育歴の確認と心理検査を実施します)。診断確定後は各症状の具体的な対処法のアドバイスを行い、薬物治療、カウンセリング、デイケアなどを組み合わせて治療を行います。

アクセス