診療時間
午前診 診療可 診療可 診療可 診療可 診療可 診療可
午後診
夜間診 診療可 診療不可 診療可 診療可 診療可 診療不可

※予約のみ(初めて受診される方も受け付けています)

受付時間: 9:15~12:00
16:15〜18:30
休診日: 日曜日、祝日
ご予約・お問い合わせ
072-627-9876

PMS

月経前症候群とはどんな病気?

月経前症候群(PMS)は月経(生理)の1週間ほど前から、下腹部や乳房の痛みなどの身体的な症状、いらいらや憂うつなどの精神的な症状が現れ、日常生活に支障をきたす病気です。月経(生理)に伴うホルモンバランスの変化が原因と言われていますが、はっきりとは特定されていません。症状は精神面にあらわれるもの、身体面にあらわれるもの、軽いものから重いもの、月経(生理)2週間前からあらわれる人もいれば、2,3日前に集中して症状があらわれる人もあり、1人1人の患者様によって、大きく違いがあります。

月経前症候群の主な症状?

月経前症候群では以下のような症状があらわれます。

・精神的症状

イライラする、憂うつな気分になる、眠れない、孤独感やむなしさを感じる、集中力・判断力の低下など

・身体的症状

頭痛、首や肩のこり、吐き気、下腹部の痛み、乳房の痛み・張り、肌荒れ、めまいなど

当院での治療方法

当院での月経前症候群の治療は、漢方薬、抗不安薬、抗うつ薬を適切に用いて治療を行っていきます。重い症状が続く患者様には、婦人科での治療(ピルなどの避妊薬を使用した治療)をお勧めしています。(必要な場合は、婦人科への紹介状もお出しいたします。)

ご来院いただいた後の注意点

内服いただく薬の内容や量は患者様の状態を見極めた上で調整しています。症状が良くなったときに自己中断するのではなく、医師と十分にご相談ください。

アクセス